NEDO2次公募開始

前回今日はクレアハウス会議(NEDOの件)で書いたNEDOの補助金の2次募集が7月3日からスタートしました。

NEDOのことで、いままでわたしが調べてきたことを説明すると、 住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業(住宅に係るもの)という助成制度があって、
対象となるものは、大まかに空調・断熱・給湯機・太陽光発電で、組み合わせが決まっています。
あとは、センサーライト等の照明や、換気システムも対象です。
空調と給湯に関しては個別申請ではなく、組み合わせになります。
例: 全館空調+エコキュート 個別空調+電気温水器

ハウスメーカー等で決められた設備でなくても、基準値を満たせば電気屋さんに売っているエアコンやエコキュートでも対象になります。

補助内容はというと、設備費・工事費の1/3になります。

ただしNEDOの審査決定前の事前契約・事前着工は認められません。

とはいえ、ハウスメーカーと契約前にNEDOの申請をするなんて不可能なので、すでに契約をしている場合はNEDOの審査決定後に改めて補助内容のみとそれ以外に分けた契約を交わすことが必要です。

着工に関しても、全く工事をしてはいけないのではなく、申請するシステムの発注・取り付けをしてはいけないという意味らしいです。

例えばエコキュートなら、エコキュートを設置するスペースを事前に作る事はOKですが、本体の発注・取り付けは審査が決定してからになります。

さて、自分の家の補助内容で申請するかですが、システム集といって何百種類ものシステムの組み合わせ内容がのったものの中から自分の家に適合するものを探さなくてはいけません。

でも大まかな組み合わせはあらかじめ分けられていて、エコキュート+個別エアコンなら(A10)というシステムの中から探し出します。

このシステム集は、各業者がこういうシステムでエネルギーの節約に貢献できますとNEDOに申請して、それが認められたらシステムNO.○○として番号ができます。

なので、同じようなシステムがごろごろだぶってあって、あてはまるものが複数でてくると思います。
でも自分の取り入れるものがそのシステムにあてはまっていれば、システム番号がどれであっても同じ補助内容になります。

着工に関しては審査結果が出てからになるので、NEDOを申請する予定のある方は、ある程度いろいろ調べてからハウスメーカーと契約するのが一番効率がいいような気がします。

うちは、契約後NEDOのシステムがあるのを知ったのですが、審査結果がでるのが9月の中旬なので、個別エアコンとエコキュートの組み合わせだと、いい感じで工事も進むんじゃないかなと思っています。

応援よろしく☆彡
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
[PR]
by creahaus | 2007-07-05 23:14 | NEDO補助金
<< NEDO2次公募開始(その2) 土地(違う角度から) >>