カテゴリ:登記・固定資産税( 5 )

§自分で登記§~建物表題登記・建物引渡証明書~

今回は、建物表題登記に必要な書類の1つである建物引渡証明書の説明です☆

と、そのまえにご報告・・・。

11/21(水)に全ての登記が無事完了しました。

11/15(木)に建物表題登記の申請をしてから、保存登記完了まで1週間かかりませんでした。
もっと重みがあると思っていた登記簿も、あっけなくいただけました^▽^
とりあえず、一安心です♪

<建物引渡証明書>
これは、正しくは工務店より施主に発行される書類なんですが、担当さんに用意してほしいと連絡すると、うちはいつも司法書士の先生が用意してくれる書類にハンコを押すだけです との返答・・・。

まあ、パソコンで文書を作るのは慣れているのですぐにできましたが、あとで工務店から事務手数料として2万円請求されたのには驚きました。
印鑑証明をもらってきていただいただけで、これは司法書士の先生にお願いする場合でも工務店が用意するものなのに!!

2万円も請求するんだったらこの証明書も作成してほしかったです。

(証明書の内容です)

1.証明建物の表示 として

 所在:建物が建っている住所
 家屋番号:だいたいは住所の番地の数字がそのままくるのですが、わからなければ法務局で教えてくれます。
 種類:居宅
 構造:木造ストレートぶき2階建 (クレアハウスで2階建ての場合です)
 床面積:各階の床面積
 種別:新築

2.工事完了年月日及び事由
 平成  年  月  日  新築

ここに記入する年月日は、実際に完成していなくても建物として認められる程度であれば大丈夫です。 我が家の場合は、設備としてキッチンやお風呂が設置されている状態であればOKでした。その判断は法務局に確認してください。

3.工事引渡年月日
 平成  年  月  日
ここは実際の引渡し日になります。

4.建築主の住所氏名
 登記申請をする日現在の住所です。我が家は後々の手間を考えて、先に新居に住所を移しておきましたので、新居の住所になります。
押印もしてください。

上記のとおり工事を完了し、引き渡したものであることを証明します。
 平成  年  月  日
ここは引渡し日と同じ日になります。

工事人: 住所 (本店) 工務店の住所
          (商号) ○○知事許可 (○ー△△)第○○○○号
      氏名 (代表者) 工務店の名前 と代表者の名前

あとは工務店に実印・捨て印を押してもらいます。

下の方に備考として ※印鑑証明書・登記事項証明書 添付
と明記しておきます。

建物引渡し証明書については以上です。 別に手書きでも構わないと思います。

このブログを見て自分でも登記ができるかもとか、やってみたいという方に少しでもお役に立てたらと思い書いています。
あくまでも我が家の場合なので、この情報が100%正しいかどうかは保証できません>_<
詳しくはやはり管轄の法務局の担当の方にお聞きしてくださいね。


現在1位です(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)
いつもありがとうございます
よろしければ応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
↑↑応援してくれる方、ここ↑をクリックしてね☆↑↑
[PR]
by creahaus | 2007-11-22 14:29 | 登記・固定資産税

§自分で登記§~図面作成~

今回は図面の作り方です。

図面は手書きで書く気満々だったのですが、もしやと思い使ってみたもの。

・・・それは、マイホームデザイナーです。

マイホームデザイナーは、間取りを考える際に購入してボチボチ活用していたのですが、まさかこんなところで役に立つとは・・・。
登記用の図面は全てこのソフトで作る事ができました。

正確なサイズの図面を作れる上、印刷する際に縮尺も指定できます。

ちなみに建物図面は1/500で、各階平面図は1/250です。

見にくいですが、下の図は法務局でもらった参考図面です。

建物図面は敷地から建物までどのくらいの距離かを示す図面になります。(1/500)
敷地の周りの数字は近隣の家の番地になります。
e0119054_0193031.jpg
          ★建築図面(1/500)★

☆ここで注意です☆
ほとんどの必要な図面は建築確認申請書があればその通りに作成してまず間違いないのですが(実際その通りに建築されてないと困りますよね)、登記に必要な図面と建築確認申請書の図面が必ずしも同じとは限りません。
我が家の場合がそうなんですが、うちの土地は私道負担があり、私道を算入した面積で土地の登記がされています。
それに対して建築確認申請書の図面は有効面積(私道を省いた)を元に作られています。

登記をする上では実際の敷地面積の図面が必要になります。
私道がある場合は私道込みの図面を作ってくださいね。

そしてもう一つ、敷地から建物までの距離は最低2方向あればOKです。
敷地は必ず長方形ではないので、確実にわかる場所を選んで書くことをおすすめします。

こちらもうちの場合、敷地の寸法が縦横両サイド若干違ったので、実際のサイズを測りに行ったのですが、資材が置いてあったり水平が保てなかったりでなかなか正確な測量は素人には不可能です。

試行錯誤した結果挫折してしまい、どうしたらいいか法務局に相談したところ、最低2方向わかればOKと教えてもらいました。
初めから知っていれば無駄な労力は省けますよね☆


そしてこちらの図面は各階平面図になります。(1/250)
建物の床面積を示す図面です。
先ほどの建物図面の建物のみを抜粋した図面ですね。
e0119054_0193991.jpg
          ★各階平面図(1/250)★

2階建てでそれぞれ床面積が違えばそれぞれの図面および床面積を書く必要があります。
我が家は1・2階同型でしたので、簡単でした。

☆ここでも注意です☆(注意というか豆知識です§)
登記用の床面積も、建築確認申請書の面積と異なる場合があります。

輸入住宅でお家を作られている方は吹き抜け階段&格子手摺の組み合わせを採用されている事が多いと思いますが、このパターンは吹き抜け部分(2階)は床面積に算入されません。
算入されないという事は固定資産税が発生しないという事です。

我が家の場合は予算の都合上、階段は吹き抜けですが手摺は壁になっているので床面積に算入されちゃいました^-^;

吹き抜け階段の床面積に関しては、法務局員によっても意見がわかれるらしいので、余裕のある方はダメ元で一度相談される事をお勧めします^▽^☆

という事で、一番大変と言われている図面の作成はこれだけですよ!!

でもでも我が家の場合図面をパソコンで作ったはいいものの、プリンタがA4までしか対応していない為、B4の用紙に印刷する事は不可能です。

なので、B4を半分のサイズ(B5)にして(もともと半分に折れていますが)、用紙がズレて詰まらないように端をテープで止めてB5用紙に設定して印刷しました。

どうせなら住所や名前も手書きではなくきれいに印字してやろうと、Wordで文書を作り、図面に合わせて位置を微調整しながら印刷しました。
あと、マイホームデザイナーで印刷すると、必要のない文字まで一緒に印字されるので、ちょうどその文字がくるあたりのところにマスキングをしたり工夫しました。

正直図面を作成するよりもこの作業が一番時間がかかりました>_<

まあ、これも含めて子供を寝かせてから夜中にせっせと1日で完成しました。 要領の言い方ならもっと簡単にできると思います☆


次回は建物引渡証明書について詳しく説明したいと思います。



このブログを見て自分でも登記ができるかもとか、やってみたいという方に少しでもお役に立てたらと思い書いています。
あくまでも我が家の場合なので、この情報が100%正しいかどうかは保証できません>_<
詳しくはやはり管轄の法務局の担当の方にお聞きしてくださいね。



現在3位です
よろしければ応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
↑↑応援してくれる方、ここ↑をクリックしてね☆↑↑
[PR]
by creahaus | 2007-11-16 23:04 | 登記・固定資産税

§自分で登記§~建物表題登記・準備編~

ここからは建物表題登記について詳しく書いていきたいと思います。

まず、私が建物表題登記をするにあたって法務局に行った回数は合計3回です。

1回目は資料をもらいに。
2回目は提出書類の下書きを持ってチェックしてもらいに。
3回目は提出(申請)をしに行きました。

そしてまだ行っていないですが、4回目として登記済み書を受け取りに行く予定です。

登記は郵送(簡易書留にしてくださいね)でも受け付けてもらえるので、もしかすると、資料も郵送してもらったら法務局に行くのは少ない人で1回のみという事も有り得ると思います。
登記済み書も郵送してもらえるはずです。

資料をもらってまずしたこと。

・法令用紙(登記98)という建物図面各階平面図用紙(B4)
 の購入(10枚入り350円)
e0119054_063180.gif

・0.2ミリ以下の耐水ペン(170円位)
・縮図用の定規(540円位)
e0119054_08699.jpg


上記のうち絶対に購入が必要なものは建物図面各階平面図用紙のみです。(これも普通のB4用紙でいける可能性もあります)
図面を手書きするのであればペンの他に三角定規があると便利かと思います。
縮図用の定規は出来上がった図面のサイズをチェックするのにとても便利ですが、別になくてもいいと思います。

・建物表題登記の登記申請書(A4)
こちらは大きな文房具店でも購入できるのですが、我が家は管轄の法務局で決まったフォームをいただいたので購入不要でした。


あと、登記をする上で住民票が必要になるのですが、できれば新しいお家に住所を移しておいた方が後の手続きが楽になると思います。
新居の引渡しが行われた時に、新居の持ち主の住所が旧居だと変更の手続きが必要になるからです。


自分で準備するものとしてはこれくらいでしょうか。

あとはこれと並行して、工務店にも必要書類を準備しておいてもらいます。
・建築確認申請書
・建物引渡証明書(私は自分でフォームを用意しました。)
 詳しくは後日紹介します。
・代表者事項証明書
・印鑑証明書


次回は図面の作り方について書きたいと思います。

お楽しみに♪

現在3位です
よろしければ応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
↑↑応援してくれる方、ここ↑をクリックしてね☆↑↑
[PR]
by creahaus | 2007-11-16 00:40 | 登記・固定資産税

§自分で登記§~申請するまで~

お家を契約するか、しないかの時期から考えていた事・・・。

登記を司法書士の先生に依頼するのではなく自分でやってみたい。

本来登記とは自分で行うべきものだそうですが、面倒くさい、できない等の理由で司法書士の先生に代理申請してもらう事が一般になっている為、登記の管轄である法務局の人でさえ司法書士に依頼する事を勧められます。

我が家は土地と建物を別々に購入したのですが、土地の決済はソニー銀行指定のところで登記をしなければならない事になっていたのでできませんでした。

で、土地のみの登記にかかった費用は約25万円。

建物の登記にかかる費用で見積もってもらった金額は約38万円。

節約できるものなら是非ともしたい!!
それに登記ってどんなものかやってみたいと思いました。

担当さんには当初からその事をお話していたのですが、忘れていたのか無視されたのか、登記をする期間が迫ってきた先日、電話で司法書士の先生にお願いするので印鑑をもらいに行きたいのですがと言われました。

私としては、「はぁ!?」って感じでした。

前から自分でするってお伝えしたはずですがと言うと、担当さんに「今から1週間以内に書類をそろえていただかないと予定通り引渡しができませんのでお願いします。」
と言われました。

実は、登記は家が完成して引渡しされてからするものと思っていた私・・・。

実際は建物表題登記・保存登記・抵当権設定まで終わって工務店に入金が確認された時点で引渡しになるようです。

担当さんから電話をいただく数日前、直前でバタバタしないように法務局に登記の資料をもらいに行ったところでした。

内容を見ると自分でもできると思ったので、「わかりました。すぐに資料を揃えます。」と約束しました。」

急いで必要な書類を確認しました。
<自分で用意する書類>
・登記申請書(法務局で作ったものに手書きでOK)
・建物図面・各階平面図
・住所証明書(建物の所有者の名前と住所が載っている住民票)

<工務店に用意してもらう書類>
・建築確認申請書(原本・コピー)
・建物引渡証明書
・工務店の代表者事項証明書及び印鑑証明書

工務店に用意してもらう書類をメールで担当さんにお願いしたら、建物引渡証明書はいつも司法書士の先生に作ってもらっていて、うちは印鑑を押すだけです。
と言われたので自分で作る事に・・・。

法務局やインターネットでいろいろ調べて、次の日に担当さん宛にメールしました。
手続きを急いでいると聞いていたのですぐに印鑑を押して郵送してほしいと思い電話をしたところ、担当さんは外出していて帰りが遅くなるとの事で、受付の女の人の判断で、その話が専務さんにふられたようです。

さっそく専務さんから電話がかかってきました。
すごく不安そうな、怒ってそうな、なんとも言えない口調でした。

どうやら専務さんには私が自分で登記をするという事ではなく、担当さんからは私の知り合いの司法書士の先生にお願いするという風に聞かれていたようでした。

必要書類(図面等)に関しても、下書きを法務局の人に確認してもらい、ここを直せばOKという指示をしていただいている事も伝えたのですが、今までここの工務店で自分で登記をした事がなかったせいか、すごく不安に思っている事を伝えられました。

書類の印鑑に関しても、私は担当さんから急ぐのですぐに揃えてほしいと言われたので次の日にメールしたのにも関わらず、こんな急に印鑑を押して返送してほしいと言われてもすごく困ると怒られました。

担当さんと専務さんとの間のやりとりできちんと伝わっていなかった事に加え、個人登記に関しての温度差があったようです。

私と担当さんのやりとりも伝え、だいたいの事は専務さんに伝わったようです。
専務さんにはこんなやりとりをしていても、時間が経つだけなのでまた改めて電話をしますねと言われて一旦電話を切ることに・・・。

1時間後くらいに専務さんから電話がありました。

私が自分で登記をする事に関して、印鑑証明等会社の大事な情報があるので法務局立会いのもと協力していただく事になりました。
最後までがんばりましょうねと励ましのお言葉までいただく事に・・・。

お家を建てる予算が限られている為、少しでも節約する為に自分でできる事をいろいろ調べている事を理解していただいた事、それに関していろいろ手間やご迷惑をおかけするにも関わらず、協力をしてくれると言ってくれた寛大さ、あと今まで主人が仕事で家の事になかなか時間がとれない分、なんとか自分で全ての手続きをしなければと張り詰めていた気持ちが一気に爆発し、専務さんとの電話中に号泣してしまうことに・・・>_<

専務さんにもなぐさめていただき、電話を切った後も涙が止まらずオイオイ泣き続ける私を見て、主人が泊まり勤務の日だったので自分しかいないと思ったのか、3歳の娘がずっと背中をポンポンとたたいて励ましてくれました。

次の日は目が開けれなくなるほど腫れてしまいました^-^;

専務さんから再度電話がかかってくるまでの間、専務さんは我が家の支払い代理人である日本住宅ワランティさんに電話をされていたようです。

日本住宅ワランティの担当の方には、日ごろからいろいろ相談をしていて、登記についても自分でする事を伝えていました。
なので、少しでもスムーズに事が運ぶようにお手伝いをしてあげてくださいと工務店に言ってくれたようです。

なんとか今までの努力が無駄にならなくてよかったです。

法務局に提出する正式図面も出来上がり、明日11/15午後1時に専務さんと法務局で待ち合わせをして提出する予定になっています。

その後のいきさつについては後日更新したいと思います☆


現在3位です
よろしければ応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
↑↑応援してくれる方、ここ↑をクリックしてね☆↑↑
[PR]
by creahaus | 2007-11-14 16:08 | 登記・固定資産税

固定資産税の事

まだ基礎工事か完了しただけで建物が建っていないのですが、以前から固定資産の事が気になっていたので、思い切って役所の固定資産税担当の人に電話してみました。

よく他の方のブログで、建物が完成してから約一ヶ月後に住んでいる市町村の役所から固定資産税を決定する為に家屋調査をしに来るとあります。

その時に、図面等を照らし合わせながら設備を確認したりして全国で決められた平均に基づいて、家の再建築価格を出すそうです。

設備の1つ1つに点数が付いていて、システムキッチンは2100のサイズが平均標準1点とすれば、2400になると1.1倍になるといった感じです。

なのでサイズが大きい・機能性が高い・ゴージャス仕様等、家の価値が高い程、固定資産税も高くなるそうです。

そもそも固定資産税の事が気になったきっかけが、どこかのサイトでトイレのウォシュレット1台に付き固定資産税が2000円高くなるという記事を見たからなんですが、固定資産税担当の方の話によると、詳しい金額1つ1つを出すことは難しいですが、建物の大きさに対する割合が断然大きいので、設備についてはそんなに気にする事はないと思いますと言う事でした。

洗面台も輸入物を使った方が若干高くなると思うので、予算の問題上どちらにするか迷っている場合は初めは標準の国産にしておいて、後々リフォームするのもアリかなと思いました。

外構については固定資産税の対象にならないそうなので、家の完成に合わせて外構も進めていければいいかなと思っています。


明日はセルコで我が家の工程会議です☆

- ☆ - ☆ - ☆ - ☆ - ☆- ☆ - ☆ - ☆  

 §我が家のスケジュール§
・8/27(月)~9/10(月)    基礎工事
・9/20(木)~10/6(土)    フレーミング工事
・10/8(月)~10/13(土)   屋根工事
・10/11(木)~10/27(土)  サイディング工事
・10/15(月)~10/27(土)  内装造作工事
・10/29(月)~11/10(土)  ペンキ・パテ・左官・クロス・
                    タイル工事
・11/16(金)~11/25(日)  チェック&手直し期間
・11/26(月)~11/30(金)  引渡し期間


8/30(木)配金検査
9/20(木)第一回防蟻工事
10/1(月)第2回防蟻工事
10/8(月)金物検査・ベランダ下地工事
10/10(水)中間検査
10/12(金)ルーフィング検査・ユニットバス工事
11/10(土)ベランダ防水仕上げ工事
11/15(木)ハウスクリーニング



みなさんのおかげで1位復活です☆ (いつもありがとー!!)
これからも応援、どうぞよろしくお願いします(ペコリ*^▽^*)
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
[PR]
by creahaus | 2007-09-12 13:46 | 登記・固定資産税