§自分で登記§~図面作成~

今回は図面の作り方です。

図面は手書きで書く気満々だったのですが、もしやと思い使ってみたもの。

・・・それは、マイホームデザイナーです。

マイホームデザイナーは、間取りを考える際に購入してボチボチ活用していたのですが、まさかこんなところで役に立つとは・・・。
登記用の図面は全てこのソフトで作る事ができました。

正確なサイズの図面を作れる上、印刷する際に縮尺も指定できます。

ちなみに建物図面は1/500で、各階平面図は1/250です。

見にくいですが、下の図は法務局でもらった参考図面です。

建物図面は敷地から建物までどのくらいの距離かを示す図面になります。(1/500)
敷地の周りの数字は近隣の家の番地になります。
e0119054_0193031.jpg
          ★建築図面(1/500)★

☆ここで注意です☆
ほとんどの必要な図面は建築確認申請書があればその通りに作成してまず間違いないのですが(実際その通りに建築されてないと困りますよね)、登記に必要な図面と建築確認申請書の図面が必ずしも同じとは限りません。
我が家の場合がそうなんですが、うちの土地は私道負担があり、私道を算入した面積で土地の登記がされています。
それに対して建築確認申請書の図面は有効面積(私道を省いた)を元に作られています。

登記をする上では実際の敷地面積の図面が必要になります。
私道がある場合は私道込みの図面を作ってくださいね。

そしてもう一つ、敷地から建物までの距離は最低2方向あればOKです。
敷地は必ず長方形ではないので、確実にわかる場所を選んで書くことをおすすめします。

こちらもうちの場合、敷地の寸法が縦横両サイド若干違ったので、実際のサイズを測りに行ったのですが、資材が置いてあったり水平が保てなかったりでなかなか正確な測量は素人には不可能です。

試行錯誤した結果挫折してしまい、どうしたらいいか法務局に相談したところ、最低2方向わかればOKと教えてもらいました。
初めから知っていれば無駄な労力は省けますよね☆


そしてこちらの図面は各階平面図になります。(1/250)
建物の床面積を示す図面です。
先ほどの建物図面の建物のみを抜粋した図面ですね。
e0119054_0193991.jpg
          ★各階平面図(1/250)★

2階建てでそれぞれ床面積が違えばそれぞれの図面および床面積を書く必要があります。
我が家は1・2階同型でしたので、簡単でした。

☆ここでも注意です☆(注意というか豆知識です§)
登記用の床面積も、建築確認申請書の面積と異なる場合があります。

輸入住宅でお家を作られている方は吹き抜け階段&格子手摺の組み合わせを採用されている事が多いと思いますが、このパターンは吹き抜け部分(2階)は床面積に算入されません。
算入されないという事は固定資産税が発生しないという事です。

我が家の場合は予算の都合上、階段は吹き抜けですが手摺は壁になっているので床面積に算入されちゃいました^-^;

吹き抜け階段の床面積に関しては、法務局員によっても意見がわかれるらしいので、余裕のある方はダメ元で一度相談される事をお勧めします^▽^☆

という事で、一番大変と言われている図面の作成はこれだけですよ!!

でもでも我が家の場合図面をパソコンで作ったはいいものの、プリンタがA4までしか対応していない為、B4の用紙に印刷する事は不可能です。

なので、B4を半分のサイズ(B5)にして(もともと半分に折れていますが)、用紙がズレて詰まらないように端をテープで止めてB5用紙に設定して印刷しました。

どうせなら住所や名前も手書きではなくきれいに印字してやろうと、Wordで文書を作り、図面に合わせて位置を微調整しながら印刷しました。
あと、マイホームデザイナーで印刷すると、必要のない文字まで一緒に印字されるので、ちょうどその文字がくるあたりのところにマスキングをしたり工夫しました。

正直図面を作成するよりもこの作業が一番時間がかかりました>_<

まあ、これも含めて子供を寝かせてから夜中にせっせと1日で完成しました。 要領の言い方ならもっと簡単にできると思います☆


次回は建物引渡証明書について詳しく説明したいと思います。



このブログを見て自分でも登記ができるかもとか、やってみたいという方に少しでもお役に立てたらと思い書いています。
あくまでも我が家の場合なので、この情報が100%正しいかどうかは保証できません>_<
詳しくはやはり管轄の法務局の担当の方にお聞きしてくださいね。



現在3位です
よろしければ応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
↑↑応援してくれる方、ここ↑をクリックしてね☆↑↑
[PR]
by creahaus | 2007-11-16 23:04 | 登記・固定資産税
<< やっと階段が付きました☆ §自分で登記§~建物表題登記・... >>